あとを絶たないニュース

最近高齢者による車の事故のニュースが後を絶ちませんね。どうしても人は年齢を重ねてくると判断力や反射神経がにぶってくるために事故が起こる確率が高くなってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

 

 

とはいっても、年齢を決めて免許書の回収ができるかというとそれもまた難しいですよね。80歳以上でもあたまがしっかりしていて、運転も安全に出来ている人もたくさんいますし、なによりバスや電車など交通機関がしっかりと整備されている都心部ならともかく、バスが一日に数台しかこないような田舎などでは車は高齢者の足としてとても重要なのです。

 

 

そのため、その人達が運転できないように免許を取り上げるなんて事はまずむりでしょう。ここ最近では車の免許を自主的に返納する人も増えているそうですが、自分から免許を返納する人はそういった判断の出来る判断力のある人がほとんどであり、認知症など判断食が鈍くなっている人はそもそも免許を返すなんてことをしないそうです。

 

 

 

それどころか自分の運転に自身があるため、返納の話をするだけで怒ってしまう人もいるそうです。そのため、簡単には解決できる問題ではないそうです。

 

 

とはいえ、高齢者の運転操作のミスによって人が怪我をしたり亡くなっているのですから、定期的な認知症の検査をして、ひっかかった人は免許を返納しなくてはいけない制度も導入する必要があるかもしれません。

 

 

 

最近ニュースになるようになっただけで、実際は昔から高齢者の事故は山ほどあったんです。というのも、私の父は車修理工場で働いているので、多くの高齢ドライバーが車を持ち込んでくるのも昔から知っているからです。

 

 

少しこすった程度の車はすくなく、大きく破損していたり、中には廃車にしなくてはいけないような状態の車もあるそうです。車の廃車となるとドライバーも落ち込むそうなのですが、それでもまた新し車を購入する人も多いらしく、こういった事故は簡単には解決されないのでしょう。

 

 

 

車が廃車になるほどの事故なんてよっぽどなんですけどね・・・・廃車にしてまた新しく車を乗り換えるなんて結構怖いことですよね。